スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


こちらも、7月に行ったクロアチアの写真です♪

写真の右半分をクリックすれば、次の写真へ・・・
写真の左半分をクリックすれば、前へ戻ります・・・



「クロアチア/ザグレブ」 4枚
http://timtim.qee.jp/zagreb/zagreb.html

「クロアチア/ドブロヴニク」 51枚
http://timtim.qee.jp/dubrovnik/dubrovnik.html

「クロアチア/スプリット」 22枚
http://timtim.qee.jp/split/split.html

「クロアチア/プリトヴィッツェ湖群国立公園」 47枚
http://timtim.qee.jp/plitvicka/plitvicka.html


無事10時間のフライトを終え、18時頃日本へ到着。着陸前メチャメチャ揺れました。キモチワルーイ。


無事日本に帰って来れました。
トルコでは、日本人を引っ掛けようとするトルコ男にチョットウンザリさせられましたが、クロアチアでホントに癒されました・・・。
ステキな街並み・ステキな景色・ステキな人達・・・また訪れたい国が出来ました。

さー・・・ステキな夢はコレで覚め、明日から現実が待ってます・・・。
次の楽しい目標は何にしようかな・・・。


PS:家について、まずはご飯を食べて、なっちゃんや胡桃にご対面!!!
なっちゃん・胡桃との再会に盛り上がって間なしに、そこにお姉ちゃんの旦那が登場・・・なっちゃん私を振り切り、義兄さんの元へ。

『なっちゃん、私の事はもう・・いいのね・・・(涙)』

胡桃は私との再会に喜んで、(なっちゃんの)バンダナを飲み込んでしまいました!!「コラー!出しなさい!!」

そのバンダナは4日後に、胡桃の口から出てまいりました・・・ホッ。


朝、緊張していたのか目覚ましより少しは早めの起床
昨日の夜疲れ過ぎて、飲まず食わずで寝てしまったので、8時30分頃にレストランへ行き、朝食はガッツリ飲んで食べました

10時ごろチェックアウトして、バス停へ・・・。バス停で待っている時の風が少し冷たく、長袖のパーカーストール・・・でも欧米人は「何時でも何処でもタンクトップに短パン」、空港でもメチャ寒いのに、平気な顔してタンクトップで寝てる。脂肪の付き方が違うのかしら?!?!

待っている間、地球の歩き方「中欧」を読み返し、行けなかったコルチュラや、Okkuさんが言っていた、ラストボ島・・・

今度は観光ではなく、クロアチアの素の姿を楽しみに来たいと願うのでした・・・。

バスが来るまで、いったい何人の人に道を聞かれただろう・・・わざわざ車を止めて聞きに来る人もいた・・・『私どっからみてもアジア人で、この辺詳しいわけないやん!!』って突っ込みつつも、『I'm sorry. It doesn't understand.』平謝りする日本人ww。
バスの時間も何人もの欧米人に聞かれ『ホテルで11時と聞いた(なんちゃって英語・・でも通じてた)』と答えた・・・。

11時を少し過ぎた頃にバスが到着しました。無事、バスに乗り込みザグレブにも13時頃到着・・・バスステーションからクロアチア航空のバスに乗って、無事チェックイン。
イスタンブールに着いてから、免税店やレストランでブラブラ。
トルコのアタチュルク空港って、無線LAN完備で、待っている間カフェでインターネットが出来ちゃうのだ・・・ほんと最近は便利になったもんだよ・・・

搭乗時間になっても、ゲートが開く気配が無い・・・。ゲートの近くには日本人のツアー客がわんさか・・・。1時間遅れで搭乗開始になったんだが、これからセキュリティチェックも行われるとの事。
金属探知機を音を鳴らさずに通ることのほうが難しい・・・案の定私もピーピー鳴りまくり。
トルコでは最近テロが非常に多いので、セキュリティレベルは日本よりも厳しくなっているみたい・・・。だって、トルコからクロアチアに行く時もピーピー鳴った、しかもブラジャーのワイヤーで・・・ホントにワイヤーかどうか、女性係員のボディチェックも念入りでした。

飛行機は、ほぼ満席状態。日本からトルコはガラガラだったのになー・・・。私の隣の席のおば様は、横浜の人なので関空に到着してから羽田へ向かうそうです。そっか・・・日本到着日が『海の日』で連休だった・・。

ただいまー


苫屋で目覚め、出発の用意をして、後ろ髪引かれながらOkkuさんに別れを告げ、てるさんがバス停まで一緒に来てくれて、見送ってもらいました。
「トルコで日本語が枯渇していた私には、救いでした・・・アリガトウ」
( TДT)

プリトヴィッツェ行きのバスに乗って、急に一人になった感じで、メチャ寂しくなりました。プリトヴィッツェまでは約4時間・・・ウカウカ寝ちゃうとザグレブまで行っちゃうので、ちょっと緊張しつつ・・・やっぱり寝ましたww

プリトヴィッツェに到着して、インフォメーションで「sobeが安価」だと勧めてもらったんですが、明日の午前中にはザブレグに向けて出発したかったので、出入りしやすいホテルを選択しました。
ホテルは「ホテルベルビュー」・・・まずフロントで、シングルが空いているか確認すると、シングルの料金400クーナ(約8000円・・・高〜〜!)。でもプリトヴィッツェのホテルは高いと聞いていたので、了承・・・。
パスポートと引き換えに部屋の鍵をもらって、まず荷物を置いて、身軽な格好に・・・。

【プリトヴィッツェ湖群国立公園】
広大な森林の中をプリトヴィッツェ川が蛇行し、標高639mのプロシュチャン湖からコラナ川に流れ込む間に出来た湖群は一番低い湖で標高150m……つまり湖は階段状に連なっているのです。この地域は石灰岩で出来ており、川の水は高濃度の炭酸カルシウムを含んでいます。これが鉄や珪素とともに沈殿して川をせきとめ湖ができたと言われています。湖の透明度は高く、水中の魚や倒木・岩や藻が手に取るように見えますし、全体の色調はエメラルド・グリーンながら湖によって微妙に色が違います。



いざ国立公園へ・・・この時点で14:30・・・。
りいだあさんが、スプリットに来る前にプリトヴィッツェに来たらしく1〜2時間で見て周ったって言ってたし、国立公園は20時までオープンになってるので、「まーゆっくり見れるな・・・」。
入場料は100クーナ(約2000円)。
入り口でチケットを買って、そのまま下のほうへ下っていくと、定期船に乗れるようになっていて、そこで船を待つんだけど・・・・何と言う水の美しさ!!!

プリトヴィッツェ湖群国立公園

エメラルドグリーンの湖
          ↑ ↑ クリック(写真下に注目・・・)
も超キモイ感じでウヨウヨいます!ここの湖は釣り禁止なので、魚達の天国と化しています。

♪サカナ・魚・サカナぁ〜♪魚をたべーるとぉ〜♪・・・・・沈

居過ぎ・・・マス?←クリック

プリトヴィッツェ湖群の周囲は整備されたハイキングコースになっていて、アップダウンもありますが、比較的歩きやすくなってます。

木の道←クリック

ハイキングコース←クリック

ホント、太陽が差し込んでいる時は、水がエメラルドグリーンになってとっても神秘的。この湖には階段状になっているので至る所でが見られます。


落差のある湖←クリック

洞窟←クリック

プリトヴィッツェ湖群国立公園←クリック

コースによっては坂を上ったり、階段を上ったりとすっごくしんどいのですが、上にあがった所からの景観もホント息を呑みます。

プリトヴィッツェ湖群国立公園←クリック

プリトヴィッツェ湖群国立公園←クリック

絵画のよう・・・←クリック

今回はクロアチアの夏に訪れましたが、紅葉の時期に訪れても楽しめそう。でもこの周辺には、熊がいるようなので、秋はチョット怖いかな・・・?!

スゴイ透明度←クリック

カモの赤ちゃん←クリック

プリトヴィッツェ湖群国立公園←クリック

地図を見ながら歩いていましたが、歩いても歩いても目的のポイントまでたどり着かない・・・。

地図←クリック

ルートは
   船で    P1 → P2 → P3 へ移動
   徒歩で   P3 → ST1
   エコロジーカーで ST1 → ST3
   徒歩で   ST3 → P2
   船で    P2 → P1

こんな感じだったんだけど、思った以上に広くて5時間かかりました・・・もうさすがの私もヘトヘトです。

私の影←クリック  私♪

私の影←クリック
     誰も撮ってくれないので・・・

部屋に帰ると20時前やってんけど、ご飯を食べる元気も無く、とりあえずシャワーを浴びて、フロントに明日のバスの時間を確認・・・

午前中のバスの時間が微妙すぎる!!!
6時45分の後は、11時までバスが無〜〜い!!
ど・ど・どうしよう・・・ガーン ○| ̄|_

明日はイスタンブールへの飛行機が16時にザグレブから出発・・・
と言うことは、2時間前の14時ごろにはザグレブ空港に到着しないといけない・・・。プリトヴィッツェからザグレブのバスターミナルまで2時間30分ほど。
11時のバスで行くとザグレブ市内を観光する時間が無いし・・・でも6時45分なんて早すぎるし・・・どーしよー・・・しかもさー、バスやで・・・確実に時間通りに来るとも限らんし、事故渋滞とかあって、イスタンブール行きの飛行機に乗り遅れたら、日本に帰れないやん・・・
なんて事が頭の中をグルグル駆け巡って、すっごい心配になってきた(汗)

今クロアチアは観光のハイシーズンなので、もしかするともっとバスが出てるかも?!?!一応11時のバスに乗るにしても、10時位からバス停で待っとこう!!・・・と言う結論に達して、荷物をまとめ目覚ましをセットして、眠りました。極度の疲労でいつものごとく、秒殺・・・。



 


朝6:30に起きて、荷物の整理をしてジョゼフに車でバス停まで送ってもらいました。ジョゼフと別れる時、
「I'll be back.」と言っておいた(ターミネーター風味)

テルさんとバスに乗って、出発を待っていると、ジョゼフは既に新しい宿泊者を探す為、sobeの営業に励んでいたww・・・

スプリットまでの所要時間は4時間30分・・・海岸線を走るので、カーブカーブの連続。そんな状況でも、いつでもどこでも眠れる私は爆睡。またもボスニア・ヘルツェゴビナでパスポートチェックを受けて、スプリットへ到着。
りいだあさんがスプリットで泊まっていた宿と同じ所に泊まる事にしていたので、スプリットのバス停から住所と地図を頼りに、荷物を持ってゆるい坂道を登って・・・
たどり着きました!!『苫屋』←クリック。

スプリットに先月オープンした日本人が経営する宿なんですが、ホントにここのオーナー「Okku」さん、最高です!!
クロアチア語・日本語・英語を巧みに操る素敵な人です。宿もメーッチャメチャ綺麗だし、なんと言っても坂道を登ってさらにマンションの11階という立地で、景色が最高ー!アドリア海やスプリットが一望できます。

苫屋

窓に近づくと ↓ ↓

苫屋の眺望

窓からのぞくと ↓ ↓

「苫屋」の窓からのスプリット

宿には、宿泊ではないのですが、ザグレブ在住の「そら」さんと言う日本人女性がいらっしゃいました。クロアチア人の旦那さんと3ヶ月の赤ちゃん「あき君」と一緒に、ドブロヴニクに行く途中にスプリットに寄ったとの事。

アキ君
めちゃめちゃキャワイイ!!

「そら」さんはとっても小柄で可愛い感じ女性、旦那さんは笑顔がチャーミングな190cm位ある大きい方・・・さすがミルコ・クロコップを生んだクロアチアだなーと実感ww。とりあえずヒザから下の長さがメチャメチャ長い!!

スプリットでも昼間は太陽がギラギラしてて暑いので、苫屋でダラダラしながら、Okkuさんそらさんとおしゃべりして、夕方から行動開始。

Okkuさんにオススメのレストラン『 安くて美味しいがサービスは最低ww 』で有名な「FIFE(フィフェ)」を紹介してもらい、テルさんと宿を出て旧市街をブラブラしてから、FIFEにご飯を食べに行きました。

クロアチアワイン

いかすみリゾット

ズッキーニの肉詰め

ドブロヴニクの半額ぐらいでお腹一杯食べれました!
私たちがFIFEに行った時は、そんな混んでいなかったので、店員のお兄ちゃんもソコソコ愛想も良かったですよー♪

お腹が一杯なので、ひとまず散歩がてらにまた旧市街の狭い路地をグルグル歩きました。

スプリットの海岸沿い

スプリット旧市街

夜、苫屋に帰って来て、宿泊客であるカナダ人青年Okkuさんテルさんの4人で、ビールを飲みながら色々話をしました。って言っても、英語がわからないときは日本語で話して、通訳してもらいながら、チョコチョコ、口を挟む程度のですが・・・
カナダ人の青年は「寿司」が好きだと言うので、どんな種類が好きなのか聞くと、

『カッパ巻き』・・・

・ ・ ・ ・ ・!!

カッパマキって、あのキュウリだけ入った巻き寿司かいな!!メッチャ地味ww

それ以外は・・・・

『カリフォルニアロール』
と・・・・
「それ、寿司じゃね===!」 ○Г乙 ガック
アメリカで開発された、外国人向けの「のり巻」だよー
そんなこんな話をしながら、スプリット『苫屋』の夜はふけて行きました・・・

宿からの夜景 ↓ ↓
苫屋からの夜景

スプリット、ホントに居心地が良くて、もっともっと長く居たかったよー!!!!
ドブロヴニクよりも観光地化していなくて、料金もそこそこ普通価格で、景色がよくって、旧市街も色んなお店やカフェがあり色んな楽しみ方がある街やった。
たった1日しか滞在できなかったけど、今度来た時は、絶対「苫屋」に宿泊して、スプリットから出る船に乗って、色んな島を巡ったりもっと旧市街を歩いてみたい・・・。

明日はスプリットを出て、プリトヴィッツェ湖群国立公園へ向かいます。

 


2日目は、テルさんとも別行動♪
私は朝、少しのんびりして10時くらいから行動。テルさんは、朝9時頃に出て行く音が聞こえました。「ロクロム島へ行く」って言ってた。

海からの旧市街

私は、旧市街をブラブラして、グラスボートと言う、船底から海底が見えるような船に乗って、城壁周辺をクルーズして、ネットカフェでお母さんに連絡したりした。
あまりの暑さに、アイスクリーム食べちゃった♪

アイスクリーム

ただ、前日も相当疲れていたので、18時ごろ帰って、部屋で洗濯したり、ベッドで日記を書いたりしてた。
夜ご飯も近所のパン屋で済ませ、帰ってきたテルさんは、日焼けして真っ赤になってましたww

夜、ジョセフが起きている間に明日の予定を伝えました。
「朝 7:45 か 8:00 のバスに乗ってスプリットに移動しようと思う」と・・・。
ジョセフも、妻ソニアもとてもいい人で、私をリビングに座らせ、ジュース、プリン(激甘クリーム??)をご馳走してくれました。
ジョセフはクルーザーを持っているらしく、「私も釣が好きです」と言うと、「次は来た時は、是非釣をしよう!」と言っていた(と思うww)。
ペンを持ってきて、何を書くのかと思うと、イカ釣で使用するエギの絵を書いて、
エギ

「エギは日本製が食いつきがいい!!クロアチアのはダメだ!今度来る時は、お金は払うから、エギを買って来てくれ!」
と、ジョセフはイカが食いつく様をジェスチャーで力説ww
ホントに次に来た時は、買っていこうww


来ました!!今回の目的であったと言っても過言ではない、
クロアチアのドブロヴニク

ザブレグからドブロヴニクまでバスで10時間ほど・・・・
もう、腰イタイイタイ。
ドブロヴニクのバスステーションで降りると、朝6時前なのにsobeのおっちゃんが宿の勧誘。。。

【sobeとは・・・】
プライベートルーム。ようは地元の人の家の空いている部屋に泊まると言うスタイル。大半が、子供も独立して部屋が空いているという年配の方がsobeをしている事が多い。


一人のおっちゃんと話をして、シングルを2部屋2泊で一人300クーナ(約6,000円)。
「ハイシーズンの割に結構安いんじゃない?」と、テルさんとついて行く事にした。車に乗って5分ほど、どんな家かなーと思ったら、マンションでした。
でもマンションの7階で、しかも大きなテラス付き!!眺め最高!!
旧市街は望めないけど、でもホント眺めが良かった。

宿からの眺望

↓↓夜景も最高でしょ♪♪
sobeからの夜景

テラスでコーヒー飲んで、しばらくしてテルさんと旧市街へ・・・。
11時に旧市街のピレ門で、東京の「りいだあ」さんと待ち合わせしてたので、待ち合わせまで、旧市街をブラブラ。結局11時には会えなくて、11時30分にピレ門で合流出来た!!
「りいだあ」さんとは、同じ時期にドブロヴニクに旅行するという事で、一緒にスルジ山に登ろうということで、ネットで待ち合わせしてましたー。

スルジ山と言う山があって、旧市街を上から眺める事が出来るんだけど、そのスルジ山に登る為のケーブルカーが旧ユーゴスラビアの内戦で破壊され、現在は徒歩タクシーで登るしかなく、タクシーで4000円近く掛かるので、「割り勘で登ろう!!」と言うのが待ち合わせした趣旨です。
テルさんもスルジ山に誘って、3人でタクシーへ・・・・・

絶景〜〜〜!!!!

スルジ山からの眺め

戦争で破壊されたゴンドラの駅

スルジ山より

青い海・青い空!!ホント絵葉書で見るような風景に、感動しました。

スルジ山から下りて、旧市街をブラブラ。でも日中は刺すような日差しで、太陽から避けるように、ランチにする事にしました。

この旅初めてのビール

汗をかいた後のビールは旨い!!トルコではあまり飲まなかったので、極楽♪
リゾットやパスタも美味しい♪

自分

プラッツア通り

15時ごろから旧市街の城壁を歩きました。まだまだ暑くて、日差しから逃げる場所が無くて、結構ヒィーヒィー言いましたww
でも城壁から眺めるアドリア海も旧市街もすっごく良かったです。

城壁より

アドリア海

旧市街

魔女の宅急便

りいだあさんは、スプリットに荷物を置いて、ドブロヴニクは日帰りと言う事で18時にバス停から、2人でお見送り・・・・。

バス停横のスーパーで夜ご飯の食材を買って、宿に帰って自炊しました。
メニューは『エセ・ペスカトーレ!!』
・冷凍のムール貝などのシーフード
・トマトホール
・パスタ

自炊していると、宿のマスター「ジョセフ」が自分の作った無農薬巨大パプリカを2つもくれました。
パスタを入れすぎ巨大パプリカも相まって、量がものすごい事になってしまったwwが、味もそこそこイケル。ビールを飲みながら2人で何とか完食。
ご飯の後はテラスで、のんびりして・・・部屋に帰って爆睡!!!そら、バスで朝着いて、城壁2時間歩いて・・・疲れるわなww。

 


朝、隣の部屋に宿泊していた、日本人女性の「太枝さん」が朝食を誘って下さり、アヤソフィアが開くまで一緒に外のカフェでご飯を食べました。
「太枝さん」は以前、歴史の先生をしていたそうで、私の母とほぼ同じ年齢で、これから2年間、一人でトルコに滞在する事になるんだそうです!低迷している民族工芸のプロデュースなどをされるんですってー。
とてもカッコイイなーと思いました。

太枝さんとも別れて、私はアヤソフィアへ・・・モスクというよりは博物館と化してました。モスクの中央は復旧作業中で、大きな足場が組まれ、全容が見れなかったのがとても残念でした。

宿に帰りチェックアウトして、トラムメトロを乗り継いで、アタチュルク空港へ・・・
そこからクロアチアのザグレブへ・・・。とても小さな飛行機で、乗っている人もまばらでした。欧米人やトルコ人が多い中、私以外のアジア人は一人だけでした。おそらく韓国人だろうなー。

ザグレブに到着して、クロアチア航空のバスがザグレブのバスターミナルまで送迎をしているので、そのバスに乗り込みバスターミナルへ・・・そのターミナルで、ドブロヴニクまでのバスチケットを購入。バスの発車まで3時間あるので、路面電車に乗ってザブレグの市街地へ・・・。

クロアチアの首都 ザグレブ

ザグレブの街並み

ブラブラしてみたけど、バスの時間も気になって、ザグレブの旧市街までは見れなかった。

ザグレブ公園

公園の端を歩いていると、クロアチア人と思しき夫婦から声を掛けられ・・・

クロアチア人「ちょっとお時間いいですか(英語)?」
私「英語あまり話せませんが、何でしょう?(英語?)」
ク「××○♪▽・・・・○○▼☆■・・・(英語)」
私「I don't understand you say.」
ク「Where are you from?」
私「I came from Japan.」
ク「OK.(鞄の中をゴソゴソして)今日はどこかへ行くの?(英語)」
私「I goes to Dobrovnic by bus tonight.」
ク「じゃあ、バスの中ででも読んで下さい(日本語で書いてある冊子を私にくれました)。」
私「Thank you.Good bye.」


こんな訳のわからない会話を繰り返し、その一人で歩きながらもらったパンフレットを見ると・・・

『今の生活に満足していますか? by:エホバの証人』・・・
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

私、そんなに人生に疲れ果てた顔して歩いてました??
バスステーションに戻り、バスを待っている間に、パンフレットをザザッっと見ましたが・・・書いている内容がわかりません(いや、理解できません)。ネタ以外の何物でもないなと・・・。

バスに乗り込み、出発を待っていると、私の隣の席に、トルコからクロアチアまでの飛行機にいたあのアジア人が座ろうとしました。

私「(あー、韓国人。また英語だな・・・しんどい・・)」
アジア人「(荷物を棚に載せて、座ろうかな・・)」
私「(荷物が隣の席にあったので)あ、すみません。」
ア「すみません・・」
私「え?!日本人ですか??」
ア「あ、はい。」
私「トルコは韓国人が多くて、てっきり韓国人と思ってましたww」
ア「(苦笑)ww」


「アジア人」改め「テルさん」も地元大阪と言う事で、久しぶりの大阪弁をベラベラベラベラ・・・。

そんなこんなでドブロヴニクに向かいます。
ザグレブからドブロヴニクまでの所要時間は11時間・・・
ドブロヴニクに行くまでに、「ボスニア・ヘルツェゴビナ」を通る区間があり、国境ではパスポートチェックがあります。

クリックで拡大 ↓↓
地図


| 1/1PAGES |